プリザーブドフラワーは生花の美しい色やみずみずしさ、柔らかさなどをそのままに長く保存できるように加工された花のことです。
生花のように水やりなどがいらず、花粉や香りなどもないことからもらった人も手間がかからずに美しい花を楽しむことができるのでプリザーブドフラワーの花束やアレンジをお誕生日などに送る人も増えています。また大好きな人へのお誕生日の贈り物に自分でプリザーブドフラワーを作成すると言う人も増えています。

贈る人の好きな花やその人のイメージに合わせた花と特殊な液、アレンジ用のかご、スポンジ、アレンジ用の飾りやラッピングの材料などを準備すればオリジナリティーあふれるお誕生日の贈り物を準備することができます。



作り方を簡単に言うと花の茎を短くカットし、密封容器に入れてその中に加工するための特殊な液を花がしっかりと隠れるくらい注ぎます。

花の大きさなどにもよりますがそのまま10日から2週間日の当たらない場所で保管します。


その後、容器から花を取り出して新聞紙などの上に花を上向きに置いて乾燥させます。
自然乾燥の場合は3日ほどかかりますので、また日が当たらない風通しの良い場所などに置いておきます。

乾燥したらアレンジ用の容器にスポンジを入れます。
スポンジに挿すような感じで花をいけていきアレンジ用の飾りなどをバランスよく配置していきましょう。

iemoが勢いに乗っています。

かごにリボンをつけたり、ラッピング用のペーパーなどできれいに包んだら完成です。

作成には時間がかかるのでお誕生日の3週間から1か月前くらいには作り始めるようにすると良いでしょう。