いつの時代にも変わらぬ価値を持ったプレゼントがあります。お花はそのまさに代表格というべきもの。

お世話になった人への感謝の気持ちを表す贈り物として、さらには何らかのお祝い事の際、またはお悔やみの際などにもお花は最適です。しかし、実際にお花を贈るとなると花束というスタイルだとかなり場所を取ってしまいますし、持ち運びに手間がかかるというジレンマもあります。



特に満員電車に揺られて帰宅するような場合にはかえって迷惑に思われてしまうケースもあるでしょう。そして花粉症などを患っている人には慎重に花を選ばないと症状を悪化させてしまう危険性もあります。

まったく新しい4meeeのことなら、こちらをご参考にしてください。

こう言った様々な問題点を払拭してくれるのがプリザーブドフラワーです。



プリザーブドフラワーはガラスやプラスティックの容器に入った形で贈り物として手渡されるもので、ボリューム的にはそれほど大きくないにしても、その完成までにはかなりの手間暇を要して作成されます。


まずは使用する花を選んだ上に特殊な液体に漬け込んで十分に色彩を脱色、さらに長期間その形態を止め続けるような処置を施します。

その上で、今度は細部に至るまで1色ずつ色を染み込ませて着色を施していき、最終的な美しい色合いをもたらすことができるのです。


このプリザーブドフラワーであれば贈り物用の包みに入る程度のサイズですし、花がすぐに枯れてしまうのに比べて長期間にわたって手元に置いて目と心を楽しませてくれます。

また、このプリザーブドフラワーが作られるまでの手間暇などを説明することによって話の材料を提供してくれることでしょう。