• MVNOカフェでとても利益が出せるはず

    格安スマホは格安SIMやSIMフリースマホセットのMVNOが販売する低価格スマホであり、自社で通信回線持たず携帯キャリアから通信回線仮データ通信サービスする事業者。

    格安スマホ1番のメリットは名前通り料金格安なのですが、携帯キャリアから通信回線仮サービスをするMVNOが携帯キャリアより安いプラン設定できるのはお得でしょう。



    自社で通信回線持てば基地局整備などで年間数千億の維持費かかりますが、MVNOは携帯キャリアから通信回線仮サービス提供しており設備投資かからないです。


    MVNOは携帯キャリアから通信回線安く仕入れて利用者需要に応じ小分けにデータプラン設定して、携帯キャリアは2GBからのデータ定額プランしかないですが、格安スマホは500MBなどプランがあって通信相度制限して低価格実現してます。



    ドコモ洋菓子店では3千円のホールケーキが人気で、カット販売してはいけなくて、たくさん食べたい方もちょっとだけの方も3000円払ってケーキを買うことに。そこに全国チェーン展開のMVNOカフェがデザートメニューにドコモケーキ入れたいと考えたました。



    カフェはケーキを10等分にカットし1つ220円でメニュー入れました。

    大きめが食べたい人の声もあり、8等分などのサイズもあります。

    そして3000円ださなくてもどこも洋菓子店のケーキ300円以下で食べられるのが話題に。
    このカフェがしたのはケーキをメニューに追加しただけ。

    新たに店舗構えたり人件費が増えることなく利益出せました。